意外に楽しい節約生活 携帯料金・ガソリン料金がかなりのダメージ 成功まで我慢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

できます!手間無しボーナス倍増作戦!初心者の私がつかまえた年率複利20%の怪物!ご案内します、安心安全な海外ファンド活用法!

●証券会社は、決して言いませんが、株式は、5%の投資家しか
         利益が得られない、とんでもなく厳しい世界です。
         ●日本の投資信託は、株式指数連動型(トピックス)で、
           全体が下がれば、自動的に下がる仕組みです。
         ●毎月分配型の投資信託は、流入した資金で分配しているが、
           元本を切り崩しているのが、実態と聞きます。
         ●FXも、昨年までの円安傾向が一転し、損を抱えている人も多いらしい。
           為替は元々、最も難しい金融商品といわれていますもの。

      魅力的投資物件が無い上に、加えて、国としての危機説すら、
     ゴールデンタイムに放送されるようになりました。
      最近(06年6月8日)の日経にも、S&Pのリポートで、日本国債の格付けを
     7段階も引き下げの可能性を警告されています。

      あなたは、国の財政破綻の可能性については、どのようにお考えでしょうか?
     政府の要人からも、
         「債務超過245兆円、民間会社なら破綻だ!」
     などという、おだやかならぬ発言が、堂々と飛び出しております。

      本屋には、破綻本(多くは、煽り系???)があふれ、
     マスコミも熱くとりあげています。
      しかし、個人の行動まで結びつけるのは、難しいものですよね。

      日本の個人金融資産1,400兆円の一部、が海外に移転を始めた、
     と云われて久しいですね。
      安全最優先の資金が、リスク資産に動き始めたとのトレンドが
     最近の株式ブーム、投資信託ブームに現れているのではないでしょうか? 

      ところが、どこの国でも、機転のきく(逃げ足の早い)人は、いるものです。
      実際に、インサイダー情報が手に入る政治家の一部は、
     ぞくぞくと、資産を海外に逃避させているらしい?

      戦後間もなくの預金封鎖に対しても、逆手にとって儲けた人がいたようです。
     その方達の子孫は、誰でも知っている現代のセレブです。

      インサイダー情報の政治家も、終戦直後と同様な預金封鎖と財産税徴収を
     警戒しているのかもしれませんよ(-_-;) 


      現実に国家破産状態になると、「有事の金」といわれ、実物資産の王様
    ”ゴールド”が使えなくなる、という信じられない話もあります。

続きの内容はコチラ

↑↑↑一読の価値は十分にあるかと思います↑↑↑
スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 23:00:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xcfdrbvhym.blog85.fc2.com/tb.php/131-ef7f4ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。