意外に楽しい節約生活 携帯料金・ガソリン料金がかなりのダメージ 成功まで我慢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

受験突破・資格取得もう怖くない!『100戦100勝!潜在能力を引き出す無敵の秘策』

受験突破・資格取得もう怖くない!『100戦100勝!潜在能力を引き出す無敵の秘策』


「おまえ最近帰るの早くないか?ただでさえ落ちこぼれのお前が、残業もしないで仕事ためこんでるとそのうち痛い目にあうぞ!!」


私の同僚である宮田が最近の私の行動の変化に気がついた。

IT関連会社で、クレーム処理を扱う私の部署は、他社や他部署とのやり取りをメールで一日に500メール、100件以上の案件を処理しなければならない。残業せずに一日に課された膨大な量の仕事をこなすのは極めて困難な状況でした。


「いや、仕事終わったから定時に帰宅してるんだよ。」


「えっ??なに??とろいお前がどうしてそんなに早く仕事が片付くんだ?ふざけるのもいいかげんにしろよ!!」


「ふざけてなんかいないさ。
本当に毎日時間内に仕事をやり終えているのさ!」


つい最近まではこんな強気な発言すらできずに、だまって小さくなって仕事をしていたひ弱な私。同僚や上司はかなり驚いたようだ。
そして突然目立った成果を上げた私を目の敵にしていたヤツらも、自信にあふれ、堂々と仕事をこなす私をみて、次第に認めるようになった。

そしてあまりの変貌に宮田が私に尋ねた。


「おい、お前いったい何があったんだ?」


「いや、別に何もないさ、ただ今までの考え方やものの見方を180度変え、悪い思考回路をすべてとっぱらって○○を続けただけさ。」


「えっ?たったそれだけか?それだけで落ちこぼれからキレる男になれるのか?」


「ああ、この方法だと、あらゆる勉強に応用がきくんだ。それに費用もほとんどかからない。よくある能力開発システムなんかは、何十万、何百万というお金をだして機材などを買い、トレーニングするらしいが、そういう無駄なお金は一切必要ない。それにただトレーニングすればいいというものではないんだ。俺はその○○を知ってしまったから、仕事はもちろん、駄目だと思っていた資格の取得や語学の勉強なんてもう何も怖くないよ。」


「またそんなウソで、この俺をひっかけるつもりか?俺はな~昔からいろんな速読術教室を渡り歩き、20万円以上使ったが、対した効果がなかったんだ! この前だって能力開発の短期集中合宿に8万3000円もかけて行ってきたんだぞ!!これも結局講師のパワーに押されただけのその場限りのマジックだったぜ!!」


確かにお金をかければ自分に効果ある学習法を見つけられるかといえばそうではない。しかしどの方法が自分にとって一番ベストなのか、時間をかけずにスキルをあげる事ができるのか、それを教えてくれる人はあまりいない。

宮田はやる気もあり、前向きな性格で成功する要素を十分に秘めていたのだが、自分に有益な情報やきっかけをつかめずにいる為、何度も同じ過ちを犯していた。


「ははは・・・汗。それは大変だったね・・。でも確かにお金をかけても大して効果が上がらない教材やセミナーはたくさんあるよ。 それに結局「脳の本当の使い方」をまず知らなければ、どんなすごい教材を使っても結果は望めないと思うよ。。


その後、唯一の理解者であった同僚の宮田に私がおこなった秘策をすべて話した。
シンプルで理にかなった私の話に彼は
「マジで?!」
を連発、目からウロコがぽろぽろ・・という感じでした。


その後、彼も能力をフル活動させ目覚しい進化を遂げたのは言うまでもありません。

”劣等感の塊だった私”

あまりの物覚えの悪さに、「自分は精神障害者ではないのか?」と真剣に悩み、
引きこもってしまっていた時期もありました。

そうなると別の悪循環を生み、生きてゆく気力さえ薄れ、
何も考えないでボーっとする時間が楽な事だと思い込み、
物事を適当にすませる悪い癖が自然に身についてしまっていました。

また、記憶力だけではなく、集中力が続かないというのも悩みのひとつでした。
気合を入れて取り組もうとすればするほど、雑念が浮かび、注意力散漫で気がついたら
時間だけが過ぎているという事がよくありました。


そういった自分の能力の低さに悩み苦しんだ学生時代を送り、社会人になってからも、それは変わる事はありませんでした。

「自分は低脳な人間」という劣等感が常に頭の片隅に存在し、人と会話する事も怖くなり、自分が思った事を相手に伝えるという事もまったくできなくなってしまっており、同僚や後輩からも、「とろい男」としてレッテルを貼られ、生きていく自信さえ失ってしまっていたのです。



”母の死、そして人生を変えた「早聴き」との出会い”

見た目は他の人間とまったく変わらないのに、ただ能力が低いというだけでなぜ
こんな目にあうのか?と卑屈になり、顔を上げて歩けない暗い人間となっていた
私でした。

そんな状況の中、さらに私にとって最大の不幸が訪れました。母の死です。
当時唯一の心の支えであった母の死は私にとって生きてきた中で一番の衝撃でした。

考えたくなくともいろんな想いが空っぽの頭をかけめぐりました。それは「考える」
という意味すら忘れていた私にとって、とてつもない体験でした。
(この経験が後々私の成功の秘策を生み出すきっかけとなりました。)

人はいつか必ず死ぬ・・・。

それまではそんな事を考えた事も無く、ただただ日々を生きていた私。
現実を突きつけられた私はこのままでは生きている意味は無い、とにかく
低脳なら低脳なりに、もがけるだけもがいてみようと能力開発
という名のつく本を手当たり次第読み、試して行きました。

右脳開発、速読、速聴、食事改善、さまざまな暗記法、とにかく
”能力開発マニア”と呼ばれてもおかしくないほど
その手の勉強法は調べつくし、そして挑戦しました。

一番種類が多かった”暗記法”や”速読法”は理屈もしっかり
把握した上で試して行きました。しかし、その効果は自分が
望んでいたそれとは、まったく違うものでした。

効果には個人差があるのでしょうが、それでは意味がないと
思い、すぐに別の方法に移りました。


そういった中で、私はテープの早送り状態で会話などの音声を聞き、
脳を活性化させるという「速聴き」という能力開発法にとても興味を持ちました。

さっそくそれを扱っている業者へ問合せをし、詳しい内容を聞きだしました。
ただ聞くだけで能力が上がるという手軽さに引かれ、ぜひとも試してみたいと
思いました。

ところが、いろいろと費用の話を聴いてみると、その機材やシステムセット
を購入するには●十万~●百万円するというのです。

魅力ある能力開発法だがこんなに費用がかかるのでは・・・。

流石に手がでませんでした。そこで本と速聴きCDがセットになっているお試し品を
いくつか購入し、何度も何度も試しました。

そして、それらを試して感じたのは

「”早聴き”は使い方次第では効果がある!!」

でした。

一週間サンプルCDを試してから、一冊の文庫本を読むのに2週間近くかかっていた私が
なんと倍の1週間で読めるようになっておりました。
(一般からみれば、それでも遅いほうだと思いますが
その当時の私にはとても信じられない事でした。)

これはいける!!と感じました。しかし専門業者から購入すれば莫大な費用もかかり、
しかもその方法はあまりフレキシブルではなく、用途が限られている気がして
なりませんでした。

そこから私の”早聴き”を核とした独自の能力開発法について
思考錯誤の”試練”がはじまりました。

どうすればもっとよい効果が生まれるのか?本当にあらゆる方法を試し、効果を比べて
いきました。何十冊という資料をすべてノートに書き出し、試し、効果が
あるもの順にランクをつけました。私は学者でもなんでもありませんので
消費者の目で、シビアに効果のあるものだけを優先にピックアップし
試していきました。

そしてついに、”信じられないほど効果があらわれた、ある秘策”
を見つけたのです!!

続きの内容はコチラ

↑↑↑一読の価値は十分にあるかと思います↑↑↑
スポンサーサイト
  1. 2007/01/14(日) 17:00:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xcfdrbvhym.blog85.fc2.com/tb.php/157-6096e110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。